背景

切手ロック

高値で買い取って欲しい方!→→→

切手の値段が高くなった場合に注意すること
水を利用した切手を剥がす方法
切手の価値をある程度把握する方法
切手のデザインは誰がしている?
結婚式用の切手には何を使えばいいの?
金券ショップ以外にオークションを利用するという手も
新着切手は高い価値が付けられる可能性
切手を安く購入するなら大量購入しよう
子供のお楽しみ会のお便りに利用できるアニメの切手の購入方法
記念切手は魅力的なデザインになっており、人気が高い

切手の値段が高くなった場合に注意すること

切手は消費税増税などにより、値段が上がることもあります。その際、利用者は注意しなければならないことがあります。値段が上がった日からは、それまでの切手では郵便料金が足りず、そのままでは使えないということです。もし不足した場合は、郵便物が差出人に返却されるか、最悪の場合、受取人に不足料金を支払ってもらうことになります。大変気まずい思いをすることにもなりますので、値段の改定があった場合は、あらかじめよく確認することが大切になります。手元に新発行の切手がない場合は、新しい値段との差額を埋める分の切手を、貼らなければなりません。50円が52円となったら、50円のものとその差2円分のものを使用する必要がでてきます。その分の少額の切手を購入するか、郵便局の窓口で一定の手数料と、交換する切手の差額分を支払うことで、従前のものと新しく発行されたものを交換してもらいます。先の例であれば、手数料と差額2円を支払うことになります。